「伝統レシピ」第7回 野菜の水なし炊き/ベニエ・ド・マイース(とうもろこしのかき揚げ)

 

料理と食べ方の基本①

  • 材料は、化学肥料や農薬を使って作ったものでないもの、合成の添加物や砂糖など入っていないものを選ぶ。
  • なるべく、その土地に近い環境でできた、季節のものを用いる。
  • 洗う時、材料に傷をつけず、全体を調理する。
  • 料理によって切り方を工夫する。
  • 真心と愛をもって作り、感謝の念を忘れぬこと。
  • 主食を多く、副食を少なく。(比率はいろいろあって、GOは「正食の10段階」という表を作りましたが、まず、主食を3に対して副食は1くらいを目安にしてください)
  • よく噛むこと。(噛めば噛むほどよい。特に、体のわるい人は、噛む回数の多いほど治り方が早い。)
     
    桜沢里真著「リマクッキング」(日本CI協会)より引用

 

野菜の水なし炊き


 

材料(4人分)

玉ねぎ……250g(まわし切り)
キャベツ……4~5枚(3cm角切り)
かぼちゃ……1/8個(イチョウ切り)
にんじん……30g(イチョウ切り)
絹さや……3本(塩茹で)
油……大さじ1/2
塩……小さじ1/3
醤油……大さじ1/2

 

作り方

❶水分が少なくて焦げ付きそうなときは、少量の水を差して調整してください。
❷塩、醤油で味付けし、20~30分弱火で蒸し煮にして絹さやを加える。
 
ワンポイント
・キャベツは芯の回りに切り込みを入れ、茹でながらはがすとよいでしょう
・塩加減がぴったり合うととても甘く仕上がります。色々工夫してみてください。

 

ベニエ・ド・マイース(とうもろこしのかき揚げ)


 

材料(4人人分)

玉ねぎ……1個(粗みじん切り)
とうもろこし……1本(茹でて実をとる)
にんじん……1/2本(小口薄切り)
さやいんげん……8本(塩茹でして5mmに切る)
地粉……1カップ   水……180ml
大根おろし……適宜 塩……少々
揚げ油……適量

 

作り方

❶地粉に塩少々を入れ、水を静かに混ぜ、野菜を混ぜ合わせる。
❷大さじで①をすくい、カラリと揚げる。
❸大根おろしを添えていただく。
 
ワンポイント
・揚げるときは表面をあまり平らにせず、少しデコボコさせたほうがカラリと揚がります(高温だと油がはねる場合があります)。

 

2018年7月号その他のレシピは

  • コーン入り玄米ごはん
  • 野菜スープ


 

月刊マクロビオティック 2018年7月号(970号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会
「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら