田中 愛子/たなか あいこ

1924年、東京都生まれ。マクロビオティック指導家。日本CI協会顧問。桜沢如一氏に出会い、その後弟子入り。20代後半、ヨーロッパに渡り、マクロビオティックの普及活動に尽力。指導した中には、各国の王室関係者や著名人、映画スターなども多い。

川内 翔保子/かわうち しょうこ

宇宙のリズムや東洋哲学的な考え方を反映したマクロビオティックに出会い、リマ・クッキングアカデミーで学ぶ。現在、マクロビオティック料理教室&ショップ「マニホージュ」にて、料理教室をはじめ季節の催しや食事会などを提供している。

尾形 妃樺怜/おがた ひかり

穀物菜食料理研究家。昭和53年、マクロビオティックの提唱者、桜沢如一氏の理論に出会い、以後、穀物と野菜を中心とした食事を実践。昭和54年より、穀物菜食の料理学校である「リマ・クッキングアカデミー」(現リマ・クッキングスクール)に通い始め、桜沢里真氏、大森一慧氏、吉成千江子氏、小川みち氏、植田冨く子氏、浮津宏子氏などに師事。

桜井 三恵子/さくらい みえこ

家政学食物栄養学修士。 家族と共にアジア、ヨーロッパに駐在し、各国の風土と食文化に多くを学ぶ。 食物がもっている生命力、その特性を生かして、体質・体調の回復をうながすマクロビオティック料理と手当て法の普及に努めている。

小林 薫音満/こばやし かおみ

昭和薬科大学、カンザス大学、久司学院レベルIV卒。現在、星薬科大学大学院在籍。「明るく楽しいマクロビオティック」がモットー。著書「マクロビオティック 至福のレシピ」など多数。メディカルシェフ育成講座講師。

大澤 満花/おおさわ みちか

子どもの自然治癒力を高める食事を求め、リマ・クッキングアカデミー(現リマ・クッキングスクール)の門を叩く。
修了後は講座の助手として鍛錬を重ね、長い下積みを経てリマ・クッキングスクール講師となる。
料理は愛情表現のひとつであると捉え、家族や縁ある人々に料理をつくることが何よりの喜び。

角元 康代/かくもと やすよ

リマ・クッキングスクール千葉校主宰。夫の転勤に伴い、全国を転々とする中でマクロビオティックや天然酵母のパンと出会う。現在は子どもルームにて勤務。「朝はお味噌汁を飲もう!しっかりご飯を食べよう!」と、次世代を担う若い子ども達へマクロビオティックを伝えるべく奮闘中。

勝又 靖彦/かつまた やすひこ 

日本CI協会会長。
1940年生まれ。1963年日本CI協会に入会。桜沢如一先生にPUネーム(トーマ)を頂いた最後の弟子。1973年より塩問題に取り組み、1998~2003年㈱天塩の社長を務め、自然塩「赤穂の天塩」の全国普及に尽力。2005年に日本CI協会の会長に就任。

1 / 212