校長就任のご挨拶

この度、クッキングスクールリマ校長を拝命しました。
 
当校は私の愛すべき母校で、受講生として先代校長の故・松本光司先生を始め、先輩諸先生方に親身のご指導をいただきました。恩師の足元にも及ばぬ浅学菲才の自分に何が出来るのかと自らを問うばかりですが、母校へ僅かばかりでもご恩返しが出来たらと、職をお預かりさせていただきました。
 
さて、今日の当校に必要なことは何でしょうか?
それは「守るべき」は守り、「変えるべき」は変えて行こうという進取の姿勢だと思います。「守るべき」とは、他に類を見ない豊かな知的資産と専門技術です。古来よりの陰陽や食養論のエッセンス、自然哲学の学理と諸先輩方が培った英知の結晶が当校にあります。こうした固有の財産を堅持し、次の世代に引き継いで行くことは、私たちの重大な使命だと考えます。
 
その一方、「変えるべき」もあるように感じます。
今日を取り巻く社会環境は大きな変化の中にあり、当校もまた時代の対応を求められているのではないでしょうか。テクノロジーの進歩は目を見張るばかり、急速な社会構造の変化と国際化、そして影響力を増すメディアの発達などを背景に、人々の価値観や感性、嗜好は世代を追って多様化しています。また、食を巡るライフスタイルもかつての常識では計れないほどの変化を見せています。こうした流れに対応し、未来に向い開かれて行くべきものと考えます。今後の発展と普及拡大には、今の時代・感性にマッチした、明るくて親しみやすい、楽しくて美味しいマクロビオティックが求められていると考えます。
 
こうした課題に向かい、非力な自分ながら全力を尽くす所存ですので、何卒皆さまのご協力と一層のご支援を賜りますよう、ここにお願い申し上げます。
 
平成31年4月1日
クッキングスクール リマ校長 岡田英貞