「りまじん」第83回 太田 実穂子さん

 

太田 実穂子 さん<アドバンスコース修了>

 

教室に通うまでは食材や料理が陰性か陽性かにこだわることがマクロビオティックの考え方だと思っていましたが、実際に受講してマクロビオティックはとても自由で多様性がある考え方だと理解できました。
 

アドバンスコースを修了して感じたことは、食事だけではなく、宇宙全体の秩序の中で生かされているということです。
 

大自然の声を感じ、それらを表現できる食事を作っていきたいです。

 

<りまじん>
三角巾とエプロンにこだわるのは、桜沢里真先生から続くリマ・クッキングスクールの伝統。最近ではおしゃれに着こなす受講生が増えています。

 

月刊マクロビオティック 2019年7月号(982号)より
 

マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 

(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

 

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら