「My Macrobiotic Life」マクロビオティックを 介護予防で役立てたい

 

クッキングスクール リマ マスターコース修了生 山田 いずみ

 

陰陽を学ぶ

 

私は名古屋生まれ名古屋育ちで、幼少期から曽祖母、祖父母、両親、兄弟3人という多世代の家庭で育ちました。両親が共働きだったため、曽祖母と祖母が食事を用意してくれる機会も多く、おやつは焼き芋や炒った煮干し、食卓にはいつもご飯と赤味噌のお味噌汁、味噌和えや煮物が並び、好きな食べ物は祖母が作る豆味噌のお味噌汁というくらい、純名古屋風の古風な家庭でした。
 
そんな私が18歳からモデルを始め、22歳で上京し、一人暮らしを始めたと同時に食生活もガラッと変わり、外食も増え、体重をコントロールするためにスムージーやサラダなどの食事がメインになりました。その結果、生まれて初めて慢性の肩凝り、膀胱炎、生理不順、中耳炎などの不調を繰り返すようになり、原因不明の動悸息切れや胃痛、便秘などが常にある状態になりました。ヨガインストラクターになっても不調は完全には治らず、病院へ行っても異常は見つかりませんでした。
 
何か良い解決策はないかと思っていたところ、自然食品店の棚にあったマクロビオティック講座のチラシが目に入り、体を変えたくて個人の先生のところで学び始めました。それまで全く触れたことのなかった陰と陽の世界が大変面白く、「魔法のメガネ」で見るもの全てが陰陽の物差しで測れるようになってきた途端、これまで自分の食事がいかに陰性過多であったかを思い知らされ、実家の昔ながらの普通のご飯がありがたく思えました。
 
先生のご指導のもと、七号食を実践した時、それまであった全ての不調が一気に解消され、「軽い! これが私の体? 健康ってこういうことだったんだ!」という驚きと感動は今でも忘れられません。
 
その後クッキングスクール リマに通い始め、ベーシックⅡの集中講座でマクロビオティックのメニューを毎食4日間いただいた時にも、講座がハードなのにまったく疲れず、むしろ体が常に軽くなり、睡眠も深く、パワーがどんどん湧いてくるという体験をし、「マクロビオティックってすごい!」と改めて思いました。

 

人生が変わる
 
リマに通い始めてから食を通して日々の暮らしに対する価値観も大きく変わっていきました。まずは、より自然のリズムと調和した生活をしたくて八ヶ岳に移住。四季の移ろいを肌で感じながら、山の水を使って料理を作り、田植えと稲刈りを手伝わせてもらったお米を日々いただいたりして、「食べる」というより、まさに自然から生命を「いただく」という言葉がしっくりくる経験をたくさんさせていただいて、自然環境に対する感謝の気持ちもより大きくなりました。
 
また、ご指導くださった先生方の調理に向き合う姿勢やマクロビオティックの体験談などにも大きな影響を受け、「いただきます」と心静かに唱える時の姿勢や調理後の後片付けの大切さ、食材を大切に心を込めて無駄なく使うこと、道具を丁寧に扱う事など自身の生活の中でも生涯大切にする習慣も身につきました。
 
特に、食後の片付けからキッチンの清掃は、体がきちんと中庸~やや陽性に整っているとスマートにはかどるのだということも身を持って体感し、面倒臭がり屋だった私が食後は洗い物はもちろん、ガスコンロと流し台の掃除、布巾の煮洗い、包丁研ぎまで、スマートにこなせるようになったのには驚いています。お陰様で、いつも気持ちよく調理に取りかかれるようになりましたし、お弁当の準備も苦にならなくなり、外食も減りました。
 
土鍋でご飯を炊くのも、お味噌をすり鉢で擂るのも、胡麻を炒るのも、サッとこなせるので手間と感じることなく毎食きちんとできるようになったので、ますます体が整いやすくなってきました。
 
マクロビオティックを実践すると体だけでなく性格まで変わるとよく言われていましたが、私の場合は人生まで変わり、自分で実践して身をもって体感したことで多くの人に心の底から勧められるようにもなり、「やってみたい」とたくさんの人から言われるようになりました。
 

 

健幸増進
 
マスターコースを修了した今、さらに食養の学びを深めていきながらも、これからはこの素晴らしい知恵を、まずは自分、家族、そして大切な人たちの「健幸増進」に役立てていくと同時に、私がこれまで取り組んできた介護予防の分野でも役立てたいと思っています。
 
今後は中高年の方とヨガをする活動に加え、自分がマクロビオティックを学んで来た中で感じた感動をより多くの人と共有しつつ、若い世代に食の大切さや自分でできるケアを広め、「自分と家族を健康に保てる人」を増やしていくことで、ひいては超高齢化社会の日本で、生き生きと「健幸」に暮らす人を増やして日本の「健康幸福寿命」を伸ばすことができればと思っています。

 

山田 いずみ / やまだ いずみ
クッキングスクール リマ マスターコース修了。シニアヨガ・椅子ヨガインストラクター。八ヶ岳にて自然と調和する暮らしを実践中。これまで実践して来たヨガとともにマクロビオティックを介護予防として広める活動をしている(HP:biija.jp)。メディア出演:フジテレビ「Do You?サタデー」NHK「ひるまえほっと」「あさイチ」「まる得マガジン」テレビ東京「ソレダメ」著書):座ってできる シニアヨガ」講談社「50代からのいきいきソフトヨガ」学研「椅子ヨガ」マガジンハウス「誰でも椅子ヨガ」NHK出版

 

 

 

月刊マクロビオティック 2018年12月号(975号)より

マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

 

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら