「My Macrobiotic Life」玄米菜食でカラダが変わる


 

マスターコース修了生 潟山 公美

 
 
子どもの病で母親の責任を痛感

私が食に気をつけるようになったのは、子どもたちのアレルギーが原因でした。息子は出産後すぐから乳児性湿疹がひどく、喘息とアトピー性皮膚炎で入院を繰り返し、4年後に生まれた娘は免疫が弱く、病院に駆け込む生活が続きました。抗生剤などの薬を毎日飲み続け、薬を飲むことが病気の治療と何の疑いもなく信じていました。
 
兄妹とも点滴につながれることが日常で、注射を痛がる子どもに何もしてあげられず、ただ、抱きしめることしができませんでした。子どもたちが入院しない月はなく、医師から何度も「覚悟してください」と言われたものです。
 
アレルギーの検査でも様々な物に反応していて、はっきりした原因が分かりません。まだインターネットもない時代でしたから有名な病院や良い漢方薬があると聞けば九州中を走り回りました。私もアレルギーがあり、皮膚が弱く、虚弱体質で病気がちだったので、自分の子どもがアレルギーで喘息なのも仕方がないと諦めていました。
 
薬をやめるきっかけになったのは、娘が抗生剤の乱用で院内感染したからでした。娘は中耳炎がひどく、最終的に人工鼓膜を作るまでになったのですが、大病院に転院したとき医師から「全てお母さんの責任です」と言われました。薬の飲ませ過ぎだったらしいのです。その時は「娘に対して申し訳ない」という気持ちしか覚えていません。それからできるだけ病院に行かないで頑張ってみようと思うようになりました。様々な本を読み、いろいろな方々の講演会に行き、たどりついたのが玄米でした。息子は大人になって玄米を食べようとしません。でも、病気になりたくないから食べていたと最近聞きました。美味しく炊いてあげていればよかったと反省しています。

 
 

食が原因であったことに気づく
 
2人が明るく過ごしてくれたことに救われ、どうにか日々を過ごしていました。時間の経過の中で特定の食べ物や時期で症状が出るということが少しずつわかってきました。砂糖を摂ると息子のアトピーが悪化するのです。娘は市販の食品を食べると反応することがわかりました。医師が「原因は農薬ではないか」ということで、その頃住んでいた近くの農家さんにお願いして、農薬を使わない野菜を作っていただきました。そうすると、段々症状が治まっていきました。
 
子どもの症状が一段落したら、今度は私自身の体調が悪くなっていきました。小さい頃から腹痛に悩まされ、20代になって婦人病を患い、痛み止めを飲まない日々はありませんでしたが、子どもの看病、両親の看病、仕事、自分をいたわることを忘れていました。30代後半に痛みが我慢できないほどになり、子宮の摘出手術を受け、さらに腸閉塞も重なり長期入院を繰り返しました。
 
入院中に小麦粉をやめて体調が良くなり、痛みの原因は食べ物にあるのではないか、と初めて気づきました。しかし、私の仕事は卵や乳製品、小麦を使うお菓子に携わることだったので、痛み止めを飲みながら仕事を続けました。その時決めたのが「50歳になる前にこの食生活を改善しよう」ということでした。玄米を食べながら少しずつ食を変えていきました。そして48歳の時に小麦粉をやめ、グルテンフリーの生活を始めました。やっと子育ても一段落したからです。

 
 
好転していく体調
 
私は長崎で生まれ育ち、福岡で数年暮らしました。2017年3月、主人の転勤で関東へ来ました。まず卵、乳製品、小麦を使わないスイーツレッスンを受け、憧れていたクッキングスクール リマの門を叩きました。
 
まず思ったのは、すごく美味しくて身体が喜んでいると感じました。求めていたものはこれだと感動しました。主人から一緒に始めたいと言われ、月曜から金曜までをマクロビオティックの食事に切り替えました。すると、私より主人の体調が良くなって、健康診断の結果もびっくりするほど変わりました。
 
受講中に先生から「マクロビオティックを始めて何が変わりましたか?」と質問されたとき、私は「穏やかになりました」と答えました。おかげさまで日常を穏やかに過ごすことができています。食事はバランスを取ることが一番大事で、楽しいものだと思えるようになりました。私は、ずっと食に携わる仕事をしています。これから自分の経験が少しでもお役に立てるように勉強も続けていきたいと思います。
 
グルテンフリーのお料理レッスンの出来上がり写真

 
潟山 公美/がたやま くみ
クッキングスクール リマ マスターコース修了(2018年夏期試作会優秀賞受賞)。婦人病に悩まされ食の大事さを認識し、勉強を始める。料理人の母を師匠として、自然食の店「海風亭」を経営。米粉のマクロビスイーツのカフェ「Fete le marche」を2019年4月オープンに向けて準備中。
 

月刊マクロビオティック 2019年3月号(978号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

 

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら