「伝統レシピ」第11回 そばグラタン/タルト・オ・ポンム(りんごのタルト)

 

料理の必要②「正しい生き方」

私どもは毎日とる食物によって生命を保つことができます。その食事が良いか悪いかによって、病気にも健康にも幸福にもなり、明るくもなります。
その食物は大別して二つに分けることが出来ます。
•動物性食物
•植物性食物
いかなる動物もはじめは、大地を母体としている植物を取って生命を保っています。たとえば小魚は海藻、川草を取り、大魚はその小魚を丸のみにします。野獣は菜食動物によって生命を保っています。
現代の人々は動物性のある一部分を栄養としてとっております。たとえば牛、豚の肉、肝ぞう等。
正しい食事法と言うのは“一物全体”を取ることですから、その一部分を取ることは片よった食事法と申せましょう。
 
桜沢里真著「リマクッキング」(日本CI協会)より引用
 

そばグラタン

そばグラタン
 

材料(5人分)

そば……1束(固茹で)
玉ねぎ……1個(タテ薄切り)
にんじん……小1/2本(イチョウ切り)
厚揚げ……1/2丁(細切り)
油……大さじ2   地粉……1/4カップ
だし汁……5カップ 塩……小さじ1
ブロッコリー(塩茹で)……10房
パン粉……適量 パセリ……少々(みじん切り)

 

作り方

❶玉ねぎを油大さじ1でよく炒め、にんじん、厚揚げを加えてさらに炒めて塩味をつける。
❷グラタン皿に茹でたそばを適宜入れる。
❸地粉を油大さじ1でこんがり炒り、冷やしただし汁を入れて火にかけてとろりとさせ、塩味をつける。①を加えてサッと炒め合わせ、そばの上に流し入れてブロッコリーを加える。
❹③の上にパン粉をかけ、熱した天火で20分程焼き、パセリを振る。
 

 
ワンポイント
●グラタンは焼き過ぎると固くなります。そばを茹でて水でさらし、塩を振っておくとグラタンが水っぽくならず、味もよいです。
●お好みでグラタンの中に水溶きごまバター大さじ1を入れるとよいでしょう。

 

タルト・オ・ポンム(りんごのタルト)

タルト・オ・ポンム(りんごのタルト)
 

材料(1台分)

地粉……300g 油……大さじ3
りんごジュース……150cc
りんご……4個 さつまいも……200g
塩……小さじ1/2
飾り ハーブ……適量

 

作り方

❶地粉に油と塩を加えてすり混ぜ、りんごジュースを加えて軽くこねる。
❷りんごは皮と芯を取って濃い塩水に通し、12等分に切って煮る。
❹生地を型に合わせてのばし、空気穴を空けて焼く(180℃で20分)。
❸さつまいもは蒸かして裏ごしする。
❺④に③を敷き詰めてから②をのせ、お好みのハーブを飾る。

 

2018年11月号その他のレシピは

  • レンコンハンバーグ
  • カリフラワーサラダ


 

月刊マクロビオティック 2018年11月号(974号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会
「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら