「おうちごはん」第10回 大豆のコロッケ/ロールクッキー

 

【10月のテーマ】ピクニックに出かけましょ

なかなか遠出はできませんが、散策などにおでかけしたい季節になりました。今月は、そんな時に持っていくお弁当や、チョットしたお集りの際におすすめの料理をご紹介します。味噌をつけて油で焼いたおむすびは香ばしくて食べ応えがあります。味噌を生姜味噌や葱味噌などにしてもいいですね。食べやすいように焼き海苔を巻いてもいいでしょう。出し汁やお茶をかけ、お茶漬けにしてもおいしくいただけます。筑前煮はセルクルをつかってオシャレに仕上げてみました。南瓜や里芋などお好みの季節の野菜でつくってください。車麩ではなく、ベジミートをつかってもボリューミーでハレの日の一品になります。大豆コロッケは大豆の水煮をつかうことでかんたん&手軽につくれます。一口サイズなので、お弁当はもちろん、盛り付け次第でパーティー料理にもおすすめです。カラダにやさしい甘さのロールクッキーは、地粉の代わりに、薄力粉や全粒粉、そば粉などでもつくれます。

 

大豆のコロッケ

大豆のコロッケ

 

材料(4人分)

大豆の水煮……1袋
玉ねぎ……中玉1/4
 
塩・胡椒・醤油……各適量
水溶き地粉……適量
パン粉・揚げ油……各適量
 
盛り付け・飾り用
キャベツの千切り……適量
パセリ……適量

 

作り方

❶大豆の水煮をザルにあけ、水切りをしてからマッシャーで潰す。
❷玉ねぎはみじん切りにし、塩少々振ってフライパンで軽く炒める。
❸炒めた玉ねぎを潰した大豆と合わせ、塩、胡椒、お好みで醤油を入れて味を調え、8等分して丸く形を作る。
❹③に薄く地粉を振り、水溶き地粉、パン粉の順に衣をつけて油で揚げる。
❺器にキャベツを盛り、コロッケをのせてパセリを飾る。

 
 

ロールクッキー

 

材料(20個分)

地粉……100g(ふるっておく)
塩……ひとつまみ
オリーブオイル……大さじ2
 
りんごジュース……40~50cc
レーズン……20g
 
味噌クリーム
白味噌……小さじ1/2
ねり胡麻……小さじ1
メープルシロップ……小さじ2

 

作り方

❶地粉に塩とオリーブオイルを入れ、手の平で擦り合わせる。りんごジュースを少しずつ加えながら、さっくりと生地をまとめる。
❷味噌クリームの材料を混ぜておく。レーズンはヒタヒタの水に浸け、柔らかく戻したら細かく刻む。
❸①を麺棒で10cm×20cmくらいの長方形にのばし(3mm厚程度)、味噌クリームをまんべんなく塗る。その上に刻んだレーズンをのせて手前からクルクル巻いて5mm厚に切り、170℃に予熱したオーブンで15分~20分焼く。
 
【ワンポイント】
●白味噌の他に麦味噌を入れても香ばしく美味しく焼き上がります。
●レーズンはできるだけ細かいみじん切りにして味噌クリームに混ぜてください。

 

2021年10月号その他のレシピは

  • 筑前煮
  • 焼きおむすび

 

調理 大葉セツ子(おおば せつこ)
クッキングスクール リマ認定インストラクター。安心安全な食材の選び方を学ぶためにナチュラルフードコーディネーター、孫のために食育指導士の資格も取得。趣味は筆文字アートと自然素材で作るアロマワックス作り。

月刊マクロビオティック 2021年10月号(1009号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら