「おうちごはん」第4回 筍の小判焼き/いちごのかんたんデザート

 

【4月のテーマ】春をいただく

春はあらゆるものが芽を出し、活動的になり始める時季です。今しか味わえない筍や、新鮮な野菜も多く出回ります。それらをいただくことで陽性な氣が増して新陳代謝が活発になり、新しい細胞の形成に向けて体が動き出します。また、昔から「春は苦みのあるものを食べるとよい」とも言われています。苦味がある野菜はミネラルやポリフェノールなど、細胞を活性化させる成分が多く含まれています。さらには冬から春への体の活動を助ける働きがあり、身体に溜まった毒素を排出してくれたり、春先に起こるイライラをやわらげたり、ストレスを溜めづらくする効果もあります。今月は、筍や菜の花など苦みのある野菜をつかったお料理をご紹介します。

 

筍の小判焼き

筍の小判焼き
 

材料(4人分)

筍の根元……100g
長芋……120g
木綿豆腐……80g
玉ねぎ……50g
地粉……大さじ2
豆乳マヨネーズ……大さじ1
塩……小さじ1/2
 
揚げ油……適量
大根おろし・おろし生姜……各適量
山椒の葉(飾り用)……お好みの量
 

作り方

❶筍の根元は少し厚めに皮をむき、食感が残る程度に擂りおろす。長芋は粘り気が出るまでみじん切りにする。木綿豆腐は水切りして粗みじん切りに、玉ねぎはみじん切りにする。
❷ボウルにすべての材料を入れ、よく混ぜ合わせる。
❸多めの油を入れたフライパンに②をスプーンですくい入れ、全体が色づくまで揚げ焼きにする。
❹余分な油を切り、お好みで大根おろし・おろし生姜を添え、山椒の葉を飾る。
 
【ポイント】
●筍の根元の固い部分を利用して作ります。他の部分で
作る時はみじん切りにしてください。
●たっぷりの油で揚げてもよいでしょう。

 
 

いちごのかんたんデザート

いちごのかんたんデザート
 

材料(4人分)

豆乳ヨーグルト……1パック
レモン汁……大さじ3
メープルシロップ……大さじ3
寒天パウダー……小さじ1
水……100cc
いちご・ミント(飾り用)……4枚
 
いちごジャム
いちご……3粒
りんごジュース……50cc
レモン汁……少々

 

作り方

❶豆乳ヨーグルトはキッチンペーパーを敷いたザルの上にしばらく置いて水を切る。
❷ジャム用のいちごを細かく刻み、りんごジュースで煮る。仕上げにレモン汁を加える。
❸①にレモン汁、メープルシロップを入れ、ホイッパーで泡立てるようにしてよく混ぜ合わせる。
❹鍋に寒天パウダーと水を入れて火にかけ、よく煮溶かす。溶けたら③に流し入れ、さらに泡立てるように混ぜ合わせる。
❺器の内側にスライスしたいちごを飾りつけ、底に刻んだイチゴを入れて、④を流し入れる。固まったら上からいちごジャムをかけ、ミントを飾る。
 
【ポイント】
●ミルククリーマーを使うときめ細かく泡立ちます。

 

2021年4月号その他のレシピは

  • 筍ごはん
  • 清まし汁

 
調理 :小原木康恵(こはらぎ やすえ)
クッキングスクール リマ認定インストラクター。栄養士、食育スペシャリスト、養生薬膳アドバイザー、漢方スタイリストなど食に関する多くの資格を持つ。洋菓子メーカーでの衛生管理や健康食品会社勤務経験あり。

月刊マクロビオティック 2021年4月号(1003号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会
 
「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら