「おうちごはん」第9回 秋茄子と厚揚げの煮浸し/菊花白玉

 

【9月のテーマ】無病息災を願う

9月9日は五節句のひとつ「重陽(ちょうよう)の節句」です。縁起がよいといわれる陽の数字「9」が重なる日で、一年の最後の節句になります。「重陽の節句」は「菊の節句」ともいわれることから、この日は菊を鑑賞しながら長寿になるという菊酒をいただき、栗ご飯や茄子料理を食べながら不老長寿や無病息災を祈願してきました。
今回ご紹介する清まし汁は、大根を満月に見立てています。大根のかわりに里芋やお豆腐で作ってもいいですね。栗ご飯は甘栗をつかうことでかんたん&手軽につくれるので是非お試しください。茄子は油で揚げると旨みが増して、よりおいしくいただけます。つけ合わせる野菜は季節の野菜をお好みで。彩りも考えてつくるとおもてなしの一品になります。紅白菊花蕪は、お節料理にも活躍するレシピ。デザートの白玉団子は豆腐で捏ねるので、モチモチと柔らかく時間をおいても固くなりません。みたらし団子や清まし汁の具などにも応用できるのでご活用ください。

 

秋茄子と厚揚げの煮浸し

秋茄子と厚揚げの煮浸し

 

材料(4人分)

茄子……中8本
茸……200g
ししとうや万願寺唐辛子……8本
ミニトマト……8個
厚揚げ……2枚

 
浸けだれ
出汁……1カップ
醤油・煮切りみりん・酢……各大さじ2
お好みで唐辛子や一味……各適宜
生姜のしぼり汁……大さじ1

 

作り方

❶浸けだれの材料を合わせて一煮立ちさせ、味を調整する。
❷野菜は油で揚げてから、厚揚げは油抜きして水分をしっかり取ってから①に浸ける。
❸②を器に盛り、お好みで擂りおろした生姜を添える。
 
【ワンポイント】
●野菜は油ではじけないように適宜包丁目を入れた後、水分を拭き取ってから火傷に注意して揚げてください。
●浸け込むものは、季節に応じて工夫してください。

 
 

菊花白玉

菊花白玉

 

材料(4人分)

菊花・酢……各適量
白玉粉……180g
豆腐……200g
 
トッピング
煮小豆など……適宜

 

作り方

❶菊花を薄い酢水でサッと茹で、流水に晒してからしっかり水分を絞る。
❷①と白玉粉と豆腐を混ぜ合わせる。豆腐によって水分量が異なるので、量を加減したり水を加えたりして耳たぶくらいの硬さにして丸め、湯がき、冷水にとる。
❸②の水分を切って、煮小豆とともに器に盛る。

 

2021年9月号その他のレシピは

  • 紅白菊花蕪
  • お月見清汁
  • 簡単栗ご飯

 

調理 鈴木直子(すずき なおこ)
クッキングスクール リマ認定インストラクター。エコール辻東京日本料理マスターカレッジ、寿司学院、カフェスクール、バーテンダースクール卒業の他、日本語教師の資格を持つ。趣味は街歩き・山歩き、映画鑑賞、美術館へ行くことなど。人生のモットーは「笑う門には福来る」。

月刊マクロビオティック2021年9月号

月刊マクロビオティック 2021年9月号(1008号)より
 
マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。
 
(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会
 
「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら