「おうちごはん」大根葉のおむすび/大根のステーキ

【1月の食材】大根

冬の大根は寒くなると甘みが増し、葉も根も余すところなく美味しくいただけます。大根の上のほうは甘みが強く、水分も多いので、サラダ、大根おろし(辛み少なめ)、漬け物などに、真ん中は甘みと辛みのバランスが良く、柔らかいので、ふろふき大根、大根のステーキなどに、先の方は辛みが強くなるので、味噌汁、大根おろし(辛み強め)
などに使い分けます。下の硬い部分と大根葉は、一緒に炒めても美味しいです。大根を一本買ったら、大根尽くしの献立も楽しいと思います。

大根葉のおむすび

材料(2個分)

玄米ご飯……160g
大根葉……適量
煎りごま(白)……適量

作り方

❶大根葉は細かく切ってごま油で炒め、塩で調味する。
❷玄米ご飯に大根葉と煎りごまを混ぜておむすびにする。

【献立例】
❶ 大根葉、胡麻入りおむすび
❷ ふろふき大根の味噌仕立てスープ
❸ 切り干し大根サラダ
❹ ドライフルーツ入り大根餅

大根づくしの献立にしました。大根葉は塩もみするだけでも美味しくいただけますが、ごま油で炒め、塩で調味し、煎りごまと共に玄米ご飯に混ぜて、おむすびにしました。大根はじっくり火を通すと甘みが増します。麦味噌に身体を温める豆味噌も加えた出汁でじっくり煮ると、身体を温めてくれる一品になります。
切り干し大根はごま油で炒め、人参、海藻などを加え、醤油、梅酢、柚子酢で調味してサラダ風にしました。
大根餅は、大根おろしに白玉粉とドライフルーツを加えて蒸しました。ほんのりと甘くて美味しいです。

大根のステーキ

材料(2人分)

大根……3cmの輪切り 2枚
昆布……5cm角 1枚
ごま油……適量
醤油……大さじ1と1/2~
葛粉(または小麦粉)……少々

作り方

❶鍋に大根と昆布を入れ、大根がかぶるくらいの水を入れて柔らかくなるまで煮る。
❷大根の両面に縦横に隠し包丁を入れ、両面に葛粉を振る。
❸フライパンでごま油を熱し、大根の両面を焼く。
❹醤油と①の茹で汁を同量混ぜ、フライパンに流し入れて
大根によく絡める。

【献立例】
❶ 大根ステーキ
❷ 大根葉入りチャーハン
❸ 大根のキムチ
❹ 中華風スープ

中華風の献立です。大根を柔らかくなるまで煮てごま油で焼き、醤油で味付けをした大根のステーキ風と、生姜と大根葉を炒め、玄米ご飯を加えて醤油で調味したチャーハン、大根のキムチ風は大根を塩もみし、キムチの素で和えるだけです。スープはネギと生姜をごま油で炒めて、中華風スープの素を使いました。

2022年1月号その他のレシピは

  • 根菜の煮しめ

調理 志々目 悦子(ししめ えつこ)
アシスタント、認定インストラクター(第1期生)を経てクッキングスクール リマ講師となる。インストラクターとしてはクッキングスクール リマでの初心者向け講座や、自然食品店での料理教室などを担当し、経験が豊富。

月刊マクロビオティック2022年1月号

月刊マクロビオティック 2022年11月号(1012号)より

マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。

(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら