「おうちごはん」ロールキャベツ/キャベツメンチ

【4月の食材】キャベツ

キャベツはみんなが大好きな野菜です。揚げ物に添えたり、サラダ、浅漬け、炒め物、煮物など色々と活躍してくれます。1~3月に旬を迎える冬キャベツは巻きがしっかりしていて葉が厚く硬くしまっているので加熱に向いており(ロールキャベツや炒め物など)、4~6月が旬の春キャベツは巻きがふわっとして瑞々しいのでサラダや浅漬けに向いています。7~10月が旬の高原キャベツは春キャベツと冬キャベツの中間的な特徴があります。葉は厚めながら柔らかく甘みがあり、生でも加熱しても美味しくいただけます。

キャベツはビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。胃や腸の粘膜を丈夫にしたり、荒れた胃壁を調えてくれるビタミンUは、キャベツから発見されたことからキャベジンとも呼ばれています。芯にも栄養があるので、スープに入れたり、サッと炒めてきんぴらなどにして出来るだけいただきましょう。芯は煮込みすぎると特有の臭みが出るので、食感が残る程度に加熱し、甘みや風味を生かしましょう。

ロールキャベツ

材料(2人分)

大豆ミート(ひき肉風)……40g
(熱湯を注いで戻す)
醤油……小さじ1/2

A
玉葱……40g(みじん切り)
人参……20g(みじん切り)
玄米ごはん……20g
塩・コショウ……各少々
小麦粉……大さじ2~

キャベツの葉……2枚
(硬い葉脈は削いでサッと湯にくぐらせる)
水……300cc 中華だし……1袋
豆乳……大さじ3 玄米粉……大さじ1

作り方

❶戻した大豆ミートの水分を絞り、醤油をまぶす。
❷フライパンに油を入れ、玉葱と人参を炒める。
❸Aをよく混ぜて俵型にまとめ、キャベツの葉で巻く。
❹中華だしを水でよく溶き、鍋に入れ、ロールキャベツを入れて煮る。
❺ロールキャベツに火が通ったら豆乳と玄米粉をよく混ぜてから加えてとろみをつける。

【献立例】
❶ ロールキャベツ
❷ キャベツの浅漬け
❸ キャベツの芯のきんぴら
❹ 味噌汁
❺ 玄米ご飯

ロールキャベツは大豆ミートと玉葱、人参、玄米等をよく混ぜてキャベツで巻き、中華だしで煮て、最後に豆乳と玄米粉でとろみをつけました。浅漬けは食べやすい大きさに切ったキャベツに塩を入れて混ぜ、キャベツがしんなりしたらごま油を入れてよく混ぜ、生姜の千切りを飾りました。キャベツの芯、葉の硬いところを千切りにして、ごま油で炒めて醤油を回しかけ、煎りごまを混ぜてきんぴらにしました。独特の風味が楽しめるのでお勧めです。

キャベツメンチ

材料(4個分)

大豆ミート(ひき肉風)……30g
(熱湯を注いで戻し、水分を絞る)
醤油……小さじ1
玉葱……40g(みじん切り)
キャベツ……80g(粗みじん切り)
塩・コショウ……各少々
地粉……大さじ6~
水溶き地粉……適量
パン粉……適量
揚げ油…… 適量
ケチャップ・ソース……各適量

作り方

❶戻した大豆ミートの水分を絞り、醤油をまぶす。
❷玉葱を炒め、大豆ミート、キャベツ、塩、コショウをよく混ぜ、地粉で固さを調節する。
❸楕円形の形にして水溶き地粉にくぐらせ、パン粉をつけてからりと揚げる。
❹ケチャップとソースを半々に混ぜて、キャベツメンチに添える。

【献立例】
❶ キャベツメンチ
❷ キャベツたっぷりスープ
❸ 玄米ご飯
❹ 米粉のマフィン

キャベツメンチは大豆ミート、炒めた玉葱、キャベツをよく混ぜて衣を付けて揚げ、コールスローはキャベツの千切りを塩麹、オリーブオイル、酢で和えました。スープは千切り生姜をごま油で炒め、キャベツの硬いところなども千切りにして炒め、中華だしで煮たキャベツたっぷりのスープです。米粉とおからで作ったマフィンにはサクラの花の塩漬けを飾りました。

2022年4月号その他のレシピは

  • キャベツのカレー風味丼

調理 志々目 悦子(ししめ えつこ)
アシスタント、認定インストラクター(第1期生)を経てクッキングスクール リマ講師となる。インストラクターとしてはクッキングスクール リマでの初心者向け講座や、自然食品店での料理教室などを担当し、経験が豊富。

月刊マクロビオティック2022年4月号

月刊マクロビオティック 2022年4月号(1015号)より

マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。日本CI協会で行っている料理教室や講座などのお知らせもご案内しています。

(本体価格600円+税) 発行元:日本CI協会

「月刊マクロビオティック」ご購読はこちら