身土不二

身土不二って、なあに?

shindofuji_img身土不二と言われると聞きなれないかもしれませんが、「地産地消(ちさんちしょう)」という言葉はよく聞かれることでしょう。身土不二と地産地消はほぼ同じようなものと考えてください。

 

身土不二は、日本の伝統食の基本で、「身体(身)と環境(土)は切り離せない(不二)」ということ。具体的には「その土地でとれたものを、その旬に食べる」「自分の住んでいる土地の、季節のものを食べると身体にいい」ということです。

 

もう少し詳しく説明すると、私たちの身体は、食べ物を始めとして、さまざまなものを環境から取り入れています。その環境になじんで健康に暮らすには、その土地、その季節に合った食べ物をとることが大切という考えです。

 

陰陽の考え方にも通じますが、遠く離れた熱帯の食べ物や夏の野菜は、暑さに対応しやすいように体を冷やし、ゆるめる働きをする成分が多く含まれます。これを冬に食べれば、ますます冷えて身体の調子が悪くなってしまいます。冬野菜には、寒さに対応しやすいように体をあたためる成分が多く含まれますから、旬の野菜をとるのが基本というのは理にかなっていますね。

 

ただし、あまり神経質に身土不二を守ろうとすると、現代社会では食べ物が偏ってしまいますし、大都会では食べるものがなくなってしまいます。昔は四里(16km)四方の近隣でとれたものを食べなさいと言われていましたが、今は国産品であればOK。あとは旬のものを選べば十分です。

 

無理のない範囲で、身土不二を意識した食生活を目指しましょう。

 

 

旬の野菜はおいしくて栄養豊富!

身土不二で大切なのは旬。自然の中で育った野菜は生命力が強く、栄養も豊富です。たとえば、寒い時期に露地で育てた野菜は、凍らないよう野菜の成分が濃くなり、甘みがあっておいしいのです。温室育ちの野菜とは味も栄養価も大違いで、値段も安く経済的。
といってもスーパーの野菜売り場では、夏野菜と冬野菜が並ぶなど季節感がなく、旬の野菜がよくわかりません。このカレンダーで旬の野菜を確かめてくださいね。

旬の野菜一覧表

 

 

マクロビオティックの本質は「いただきます」という感謝の心

shindofuji_img3食べ物の命で、私たちの命を支えていただいているという感謝の心が、マクロビオティックのベースにあるのです。

 

日本人が食事のときに言う「いただきます」は、食べ物に対する感謝の気持ちはもちろん、食べ物を育ててくれた人、運んでくれた人、調理してくれた人、すべてに対する感謝の気持ちが込められているのでしょう。

 

日本人のDNAに刻み込まれた「いただきます」という言葉は自然への畏敬を根底にした誇るべき精神文化の表れではないでしょうか。

 

マクロビオティックの源流はそのような日本の文化にあるのです。